聖剣伝説3 TRIALS of MANA ゲームレビュー

聖剣伝説3 TRIALS of MANA

はじめに

本記事では聖剣伝説3 TRIALS of MANA聖剣伝説3リメイク)の評価・レビューを掲載している。

株式会社スクウェア・エニックスより発売、株式会社xeenより2020年4月24日に発売されたこのゲームは、1995年にスーパーファミコンで発売された聖剣伝説3のリメイク作品となっている。

プレイした上での評価点や課題点をまとめているので、今購入を迷っている人の一つの参考になれば幸いである。

聖剣伝説3 TRIALS of MANA ゲームレビュー

難度2.0
音楽5.0
快適4.0
映像4.0
物語2.0
総合4.0

評価点

変わらぬ風景・変わらぬBGM

プレイして初めて感じたのが「ここ来たことがある!」だ。
マップは全て3Dにリメイクされているが都市等のマップ構成はスーパーファミコン版と変わらない部分も多い。ダンジョンなど大きく構成が変わっている部分もあるが、大まかなマップ構成は当時のままで、初めて来るような場所も懐かしさを覚えた。

スーパーファミコン版当時から評価の高いBGMも現代風にリマスターされており、古臭く感じさせないのは素晴らしい。黄金の街道のBGMはいつ聞いても名曲だ。オプションからスーパーファミコン当時の音源に変更できたりといたれりつくせりである。個人的に最も驚いたのがBGMをSFC版音源に変えても全く違和感が無かったことだ。当時のromの容量のほとんどを占めていたというだけあって、かなりの完成度だったのだと改めて感じさせてくれた。

原作の戦闘周りの不満は全て解消

聖剣伝説3と言えばカウンターと言ってもいいぐらいにSFC時代時代の戦闘システムはバランスがおかしかった部分があった。こちらの必殺技や魔法攻撃に対して相手が強力なカウンター技で反撃してくるため、アンジェラのような魔法キャラが不遇扱いされていたのが今思えば懐かしい。他にももっさりとした動作避けることの出来ない相手の必殺技などなど、アクション要素はほぼ無かった原作だったのだが…

このリメイク版では戦闘システムが一新カウンターは廃止(一部敵キャラが技としてカウンターを使用)、アクション要素が取り入れられ、敵の攻撃はジャンプ・回避といったアクションで避けることが出来るようになった。(開発スタッフ曰く全てのボスの攻撃は避けることが出来るように設計されているとのこと。)
不遇だったアンジェラがまさかの強キャラとなって戻ってきたのは笑ってしまった。

経験値獲得量やテーブルも見直されており、攻略においてのレベリングも必要なく、ストレスのたまらない仕様となっているのはかなりの評価点だ。

グラフィックも正当進化

ファイナルファンタジー7リメイクと同時期に発売されたため比べられがちだが、聖剣伝説3 Trials of Manaのグラフィックも所謂ゲーム用のグラフィックとしてしっかりと正当進化している。写実的ではないが、聖剣伝説というゲームにおいてそれを求めている人は少ないはず。各マップ一つ一つの雰囲気を構成するには十分なグラフィックだ。

個人的に評価が高いポイントは各クラスチェンジ後のデザインか。スーパーファミコン版では色が変わるだけ…というよりは髪色が変化するのが不満だったのだが、本作ではクラスごとに専用デザインの衣装が用意されており、髪色もそのままだ。

キャラクターグラフィックと言えば、店員のダンスもそのままのため安心してほしい。

課題点

ライブ感で進行するストーリー

これは原作リメイクという本作において、しっかりと原作通りリメイクした証拠でもあるため賛否両論部分にはなる部分だろう。本作の雰囲気と世界観は一級品だが、表題の通りストーリーは勢いで進行し細かく練られているものではない。

主人公によって敵対勢力が変わる本作だが、基本的にはどのルートでも同じストーリーラインを辿っていく。その過程で本筋に関係ない敵勢力はギャグマンガ日和ソードマスターヤマト回よろしく急スピードで舞台から脱落していってしまう。SFC版当時も「うん!?」となった部分だけあって、リメイクに当たりどう手直ししてくるかと思ったら原作通りのままだったのは笑ってしまった。

ただストーリー自体は傑作とまでは行かないものの、ライブ感があることは決して悪いことではない。所謂シリアスな展開が少ないため、ストーリーが常に動き続け飽きさせない作りにはなっている。

全体的に易しめな難易度

初プレイをハードでプレイしたが、難易度は全体的に易しめだ。特にクラスチェンジ後から顕著で、敵が弱いというよりはこちら側が強すぎるのかもしれない。

大抵のボス戦のギミックは見た目こそ違うがやるべきことは基本的に同じであるため、対処方法のあるボス戦のほうが雑魚戦よりも簡単な場面があることも原作に似ているかもしれない。

とは言っても、要所要所で苦労する場面もあり、当時ゲームオーバーになった大地の裂け目・零下の雪原のマシンゴーレム戦では同じように全滅し、ギミックが分からず戦ったジェノアには返り討ちにされたため歯ごたえが全くないわけでは無い。

細々としたロードが若干ストレスか

スーパーファミコン当時には無かったロードが若干ストレスに感じる場面も。

ストーリーを追いかけていくだけであれば、それほどロードの頻度も多くないため気にならないが、フラミーで移動が出来るようになると呼び出しに演出・暗転、着地でロードと操作できない時間が多く差し込まれるのは数少ない不満点。

特にフラミー入手後は各ダンジョンを巡ったり、サボテン君探しのために各地を訪れることになるため、よりロード時間を意識してしまうことになる。

総評

一言で言うならば手堅いリメイク、というの筆者の感想だ。当時のファンがここをこうすれば喜ぶだろうという出来になっているのは流石だと感じた。当時スーパーファミコン版をプレイしていた人たちは間違いなく買って損することはないだろう。
懐かしい場所、懐かしいキャラクターが3Dとなりボイス付きで懐かしいセリフを喋るだけで感動モノだった。

一方で、このリメイク版が初めての聖剣伝説3だという方は、良く言えば懐かしい、悪く言えば古臭いゲームということは念頭に置いた方が良いかもしれない。ソウルシリーズのようなガチガチのアクション要素は無く全体的にカジュアルな作品に仕上がっている。とは言っても手堅く作られているため、一つのJRPG作品としてみても楽しめないわけでは無いはずだ。

令和になりFF7や聖剣伝説3をプレイしている自分を見て正気か!?とも思ったが、しっかりと現代風に仕上がっている良リメイクのため、迷っている人には「買って後悔はしない」と背中を押してあげたい、そんな作品だった。


親記事 聖剣伝説3 TRIALS of MANA 攻略一覧へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました