聖剣伝説3 TRIALS of MANA キャラクター選びの3つの注意点!

聖剣伝説3 TRIALS of MANA

はじめに

聖剣伝説3 TRIALS of MANAで全てのトロフィーを回収、プラチナトロフィーを獲得するためにキャラクター選びの時点での注意点をまとめた。

ゲーム開始時、キャラクター選択前に一度目を通したうえで攻略チャートを活用することをおすすめする。

ゲーム開始前のいくつかの注意点

キャラ限ルート限トロフィーに注意!

聖剣伝説3 TRIALS of MANAで最も獲得の手間がかかるトロフィーが

  • 聖剣の勇者:6人全ての仲間を使いこなした
  • フォルセナの剣士:デュランを仲間にしてエンディングを迎えた
  • 神を超えし者:ヒュージドラゴンを撃破した
  • 究極の剣士:剣士の道を極めた

などの周回限定・キャラクター限定トロフィーとなる。

三種のルート限定トロフィー

このゲームでは最終盤の展開とラスボスが、選んだ主人公によって

  • デュラン・アンジェラのドラゴンズホール攻略ルート
  • ケヴィン・シャルロットのミラージュパレス攻略ルート
  • ホークアイ・リースのダークキャッスル攻略ルート

の三種類へ分岐し、それぞれ違うラスボスと戦うことになる。

ラスボス三種にそれぞれ撃破トロフィーが用意されているため、最低でも三週のプレイが必要になる。

主人公選択の際には必ずクリアしたことがないルートへ分岐するキャラクターを選ぶようにすること。

キャラクター限定エンディング・クラス4トロフィー

選んだ仲間毎にエンディングトロフィー、そしてクラス4習得トロフィーが用意されている。また、全てのキャラクターを使用してエンディングを迎えた際に手に入るトロフィーもあるため、周回プレイでの仲間選択にも注意が必要。

とは言っても一周目と違うキャラクターを選択するだけなので注意も何も無いのだが、後述する全アビリティ習得、そして強くてニューゲームで少しでも楽をするためにも必ず一人は一週目に選んだキャラを連れて行くと攻略が楽になります。

周回の中で全アビリティ習得を目指す

ルートやキャラクター限定のトロフィーでは無いが、地味に面倒なトロフィーの一つに

  • 究極の力:いずれかのキャラクターで全てのアビリティを取得した

というものがある。

獲得条件は誰か一人のレベルを99に育て、育成ポイントを全て割り振るというものだが、一周目ではクリア後ダンジョンを含めてクリアしても到底届かない。

幸いにもレベルを引き継いで周回できる強くてニューゲームと経験値+300%のリンクアビリティが手に入るため難しくはないが、強くてニューゲームで引き継がれるレベルはキャラ毎である点には注意。
そのため、

  • 一周目:アンジェラ・リース・シャルロットで全クリ
  • 二周目:デュラン・ホークアイ・ケヴィンでスタート

等の形にしてしまうと、二周目の仲間は初期レベルからのスタートとなってしまい、効率が下がるため注意が必要。

結局のところどんなパーティー構成が良いの?

ゲームの難易度が控えめなのでどんな組み合わせでも問題無いが、個人的にはアンジェラを連れて行き、光光ルート(ソーサレス→グランデヴィナ)でクラスチェンジさせていくだけで道中及びボス戦・クリア後ボス戦がかなり楽になった。

広範囲に命中するセイントビーム+、光属性無効吸収の相手にはダブルスペルを使うだけで戦闘で困ることはないはず。

ドロップアップ等のリンクアビリティとの兼ね合いで

  • 1周目:ホークアイ・アンジェラ・シャルロットでダークキャッスル攻略
  • 2周目:アンジェラ・ケヴィン・リースでドラゴンズホール攻略
  • 3周目:シャルロット・アンジェラ・デュランでミラージュパレス攻略

という手順が比較的楽かもしれない。

経験値+300%のリンクアビリティを常に付けていれば、二周目以降は道中の雑魚からほぼ逃げたとしても三周目道中でアンジェラのレベルが99近くになるはず。


親記事 聖剣伝説3 TRIALS of MANA 攻略一覧へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました