英雄伝説 碧の軌跡:改 トロコンのための詳細チャート 二周目ナイトメア

碧の軌跡:改

はじめに

本チャートは英雄伝説 碧の軌跡:改トロフィーコンプリート(トロコン)を目的とした攻略チャートとなっている。

あくまでもプラチナトロフィーを手に入れトロコンを目指す目的のチャートとなっているため、全てのサブイベントなどは網羅していないため注意。

本記事では既に過去のチャート通りに一周目を攻略している人を対象とした攻略記事となっているため、まだ一周目をプレイ中・もしくはこれから始める方はそちらの記事から読み進めていって欲しい。

持っていないトロフィーの確認

一周目を過去のチャート通りに進めていた場合、残るトロフィーは

  • 戦闘手帳コンプリート
  • プレイ時間100時間
  • ロイド、エリィ、ティオ、ランディのレベル120
  • 難易度ハード以上クリア
  • 難易度ナイトメアクリア
  • 隠し魔獣撃破

以上、六種類のはず。

プレイスタイルによっては

  • 各属性のマスタークオーツをレベル5まで育て上げなければいけないトロフィー『至境の珠
  • メインメンバーの絆トロフィー
  • 取り逃しによる各種トロフィー

等が残っているかもしれないが、この周回で再度チャレンジすれば問題ない。

もし1000回勝利トロフィー『歴戦の勝者』、2000体撃破トロフィー『千討の志士』が未取得だった場合には、ナイトメア序盤の敵も無視せず戦闘回数・撃破数を稼ぐこと。

まずは終章ラストダンジョン出現まで進めよう

戦闘手帳を全てコンプリートするためには終章に出現する5体の隠し魔獣、そしてそれら5体全部倒すと戦うことが出来る隠し魔獣の計6体のアナライズが必須。
最終的に全魔獣と戦うことが出来るのはラストダンジョン出現後のため、まずはそこまでストーリーを進めていこう。

難易度ナイトメアにより敵は強化されているものの、引き継いでいれば苦戦する要素は無いはず。
アリアンロード戦も本気モードになるまでダメージを与えたら全滅してもストーリーは進行する。

重要 一部魔獣は終章序盤から戦うことが出来るが、必ずエリィ合流後以降に戦うこと。

隠し魔獣討伐兼レベル上げ

二周目ストーリー攻略途中、魔法陣のような障壁で覆われているエリアが各地に登場する。ストーリーが終章まで進むと道が開き、奥にいる隠し魔獣と戦うことが出来るようになる。

碧の軌跡はこちらのレベルに応じて獲得経験値に補正がかかるため、基本的に二周目では殆どの敵が経験値1しか落とさない。
各地に出現する隠し魔獣はレベルが高く、二周目に置いて数少ないレベル上げスポットとなるため、レベル120トロフィーのためにも必ず全メンバーが合流してから討伐をすること。
万が一隠し魔獣戦でロイド、エリィ、ティオ、ランディの誰かが戦闘不能のまま勝利してしまった場合にはリロード推奨

ウルスラ間道:グレンデル

ウルスラ間道・中洲のメルカバ降下地点から下のエリアに道が出来ており、奥へ進むと『グレンデル』戦。

グレンデルは物理攻撃しか持たない。
そのためミラに余裕のある二周目ではエヴァーグリーンや翠耀珠、その他装備で回避を100%以上に常時保つことが簡単なため、囮役一人で完封可能。
異様に物理防御が高いため、囮役を壁にしている間に残りのメンバーは範囲アーツで一層しよう。

旧鉱山:ルキフグス

旧鉱山を奥へ進み、中間地点にキノコを渡って進むことが出来る道が出来ており、その奥に『ルキフグス』が出現。

長射程の混乱攻撃を使用するため、状態異常対策は必須。
ロイドはバーニングハートで予防できるため、グラールロケット等のアクセサリーは後衛優先でセットしよう。

体力が減ってくると回避不能の全体攻撃を使用するため、序盤はアーツ主体、後半はバーストからのアーツ&コンビクラフトで一気に殲滅すること。
アーツ担当には弱点かつ全体に命中するアラウンドノアを使えるようにすることをオススメする。

ジオフロントC区画:インフェルノドミナ

リフトを降りた後右手側に進んでいくと、宝箱付近が開通しており奥に『インフェルノドミナ』が出現。

ボスのお供として出現した時同様に、一切動かずこちらの攻撃で動かすことも出来ないため攻撃する際には端にいる側から倒していくこと。
中央のインフェルノドミナから倒してしまうと、ワジの範囲駆動解除で全員を巻き込むことができなくなり、アーツを解除することが難しくなってしまう。

相手の直線範囲攻撃の被害を減らすためメンバーは横一列に散らして配置すること。後は適宜駆動を解除しながら戦っていけば苦戦することは少ない。

ジオフロントD区画:魔人ドラクロワ

広間を左下へ進むと宝箱の奥に道ができており、その先で『魔人ドラクロワ』戦。

隠し魔獣の中では一番強いため、事前にバーストゲージは最大まで溜めておく&いざとなったらバーストオーブ使用も頭に入れておくこと。

レイジングスピンによる引き寄せが効くため、ロイドで敵を引きつけるだけで大分楽に立ち回ることが出来るようになる。
他のメンバーは相手の直線範囲技の射線上に入らない離れた位置から空属性アーツで攻撃していこう。

必中のバーニングフィンガーとSクラフトに注意。バーニングフィンガーは駆動解除出来るものの、相手のSPDが早いこともあり間に合わないことが多い。残る三人の内一人は回復役に回しつつ、アースグロウでの持続回復も使用しておこう。

湿地帯:グレートサタン

湿地帯エリア2に新しく橋が掛かっており、その奥で『グレートサタン』戦。

ロイドとワジをメンバーイン、ロイドを囮にして、ワジで範囲駆動解除を狙っていけば完封勝利も可能。
自己回復を持つが相手のSPDはそこまで高くないためダメージレースで負けることは少ないはず。

ロイドとワジで相手の行動を防いでいる間に、後衛2人が範囲空属性アーツで攻撃を繰り返せば難なく勝つことが出来る。

紅き湿原へ

各市魔獣体を倒すと、メルカバで新しいエリア『紅き湿原』へと行くことが可能に。(場所はミシュラム右下)

紅き湿原に出現するヴァーミリオンをアナライズすれば戦闘手帳が100%となり、トロフィー『天眼の識者』獲得となる。

ヴァーミリオン戦の準備として風属性のマスターアーツ、暴風のルーンを使えるメンバー一人、あるいはAリフレックスをメンバー全員が使用できるようにしておくこと。

ヴァーミリオン戦はお供としてこれまで戦ってきた隠し魔獣のいずれか一種類が4体出現。もしアーツ攻撃を使用する相手が現れて場合にはリロード推奨。

開幕暴風のルーン等でアーツ反射のバフをかけたら後は相手のルシフェンウィングを反射するだけで体力のほとんどを削ることが出来る。後はコンビクラフト・Sクラフトの連発でそのまま勝利だ。

ヴァーミリオン撃破と同時にトロフィー『紅の討伐者』の獲得となる。

ラストダンジョン前にひたすら放置

おそらくここまでの過程でかなりのプレイ時間が経過しているはずだが、チャート通りに進めてきたプレイヤーの場合はまだ100時間に満たないはず。
一旦は別の作業をしながらゲームを放置しプレイ時間100時間を目指そう。

無事100時間を突破すればトロフィー『継続の粋人』を獲得。

ラストダンジョン・ラスボス攻略へ

後はそのままラストダンジョンを攻略し、碧のデミウルゴスを倒すことが出来ればトロフィー『腕利き捜査官』、『伝説の捜査官』を獲得。
ラスボスの攻略方法はノーマルプレイの一周目と変わらないため、過去のチャートを参考にしながら戦うこと

無事ナイトメアクリアトロフィーを獲得すればプラチナトロフィーである『THE LEGEND OF HEROES』を獲得、晴れてトロコンとなる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました