英雄伝説 碧の軌跡:改 トロコンのための詳細チャート 終章 碧の大樹

碧の軌跡:改

はじめに

本チャートは英雄伝説 碧の軌跡:改トロフィーコンプリート(トロコン)を目的とした攻略チャートとなっている。

あくまでもプラチナトロフィーを手に入れトロコンを目指す目的のチャートとなっているため、全てのサブイベントなどは網羅していないため注意。

本記事では終章 それでも僕らは。の攻略・宝箱や魔獣情報をまとめている。本記事は終章の後編、ラストダンジョンの攻略記事となっている。
このチャートにてようやく宝箱開封率が100%に到達する。

碧の大樹の攻略 前半

碧の大樹・神域1

ボス 神域1・エリア4右手のスロープを登った先で『ゴルトキマイラ』戦。
ボスよりも散開しているマンインザミラーが厄介。散らばっているため、コンビクラフトで全部を巻き込むことが難しく、かと言ってアーツは反射されてしまう。倒せる限りのマンインザミラーをコンビクラフト連発で倒してからゴルトキマイラを攻撃していこう。

神域1最奥にてイベント。奥へ進むためには左右の領域を突破する必要がある。それぞれの領域へ進むためには、それぞれワジ・リーシャをパーティーメンバーに加えている必要があるため注意。

一度手前のエリアから南へと進むと、メルカバまでのショートカットが開通するため、メンバー変更と回復をしてから奥へと進もう。

碧の大樹・神域1の宝箱をすべて開けると、宝箱開封率は81.0%となる。

重要 神域1で最後のフラグメントを入手したら、一度クロスベル市に戻りクロスベル警察本部受付嬢レベッカに渡すこと。全ての情報が解禁され同時にトロフィー『Dの追求者』を獲得する。

合わせてこのタイミングでセピスを換金し、所持金が100万ミラ以上になれば、トロフィー『百万長者』を獲得。もしセピスを残しておきたい場合には、別のセーブデータにセーブ&ロードを行いシステムデータに記録しておくこと。

碧の大樹・神域1の宝箱

アセラスの薬・改エリア1、進行ルート東側。
フラグメントエリア1、一つ目の分岐を左に進みクリスタルを起動。
その後二つ目の分岐を右に進んだ先。
各セピス200個エリア1、三つ目の分岐を上に進んだ先。
絶耀珠エリア2、一つ目の分岐で橋を渡らず直進。
宝箱開封時ゴールドスタチュー6体出現。
EPチャージⅢエリア3、最初の分岐を下へ進んだ先。
ティアラルの薬エリア4、入ってすぐの坂を下り左へ進んだ先。
時空幻のセピス500個エリア5、一つ目の分岐を左へ進んだ先。
ティア・オルの薬エリア5、二つ目の分岐を左上へと進んだ先。
光耀珠エリア6、分岐を直進した突き当り。
宝箱開封時ダークゾーンβ4体出現。
EPチャージⅢエリア7、十字路を左下へ進んだ先。
カラドボルグエリア7、十字路を右上へ進んだ先。
宝箱開封時アナザーワン8体出現。

碧の大樹・神域1の戦闘手帳情報

ゼロ・ナイト
マンインザミラーアーツ反射
ムーンゲート
ゴールドスタチュー
ダークゾーンβ
アナザーワンHPEPCPを0にする自爆クラフト使用。
ゴルトキマイラボス 神域1エリア4に出現。

象の領域

フィールドの電撃に触れると徐々にEPが減少するため注意。ヒビの入った岩をフィールドアクションで壊しながら進んでいけばほとんどの箇所は電撃エリアを触れずに突破可能。

一つ目の洞窟を抜けた先の右手側には壊せる岩に隠された洞窟がある。その先には宝箱があるため見逃し注意。

ボス 回復装置の奥で『魔人ヴァルド』とお供のゴートヘッド2体との戦闘に。ゴートヘッドは道中のものとは別枠のためアナライズ忘れには注意。

全体即死攻撃を持つゴートヘッドからコンビクラフトで倒しておきたいが、ヴァルドはすぐにSクラフトを使用するため、ティオはゼロフィールド用のCPを残しておくこと。

ヴァルドの攻撃は全てアダマスガードで無効化出来るため、一人を囮に、そして囮役ともう一人のメンバーでアダマスガードと補助を掛け続ける。ティオは弱点の空属性アーツで攻撃し、CPが溜まったらゼロフィールドで援護していこう。

象の領域の宝箱

アセラスの薬・改進行ルート、マップ西側の壁沿い。
石化の刃2一つ目の洞窟内分岐を右上・左上と進んだ先。
各セピス200個一つ目の洞窟内分岐を右上・右下と進んだ先。
地のセピス2000個一つ目の洞窟を出て南。
ディアボロス一つ目の洞窟の先、壊せる岩に隠された洞窟奥。
宝箱開封時コバルトバジリスク4体、カレイドリザード4体出現。
EPチャージⅢ進行ルート北側。
ディープオーカー上記宝箱からそのまま南へと進んだ先。
アルカディア壊せる岩に隠された洞窟(進行ルート側)下の電撃エリア内。

象の領域の戦闘手帳情報

ソーサルコング
ゴートヘッド
コバルトバジリスク石化攻撃持ち。
カレイドリザードステルス・石化攻撃持ち。
ゴートヘッド魔人ヴァルドのお供。
同エリアの同名魔獣とは別枠。
魔人ヴァルドボス 象の領域最奥で戦闘。

色の領域

リーシャをパーティーメンバーに入れていることで侵入可能。

色の領域ではクリスタルに触れる毎に切り替わる白い橋と黒い橋を操作しながら奥へと進んでいく。

  1. EPチャージⅢと凍結の刃2の宝箱を回収
  2. 入口近くのクリスタルに触れる
  3. ポラリスドレス回収
  4. 二つ目のクリスタルに触れる
  5. 三つ目のクリスタルに触れる
  6. サイレンスブルー回収
  7. 三つ目のクリスタルに再度触れる
  8. EPチャージⅢ回収
  9. 四つ目のクリスタルに触れる
  10. 五つ目のクリスタルに触れる
  11. ティア・オルの薬と霊剣・莫邪回収
  12. 五つ目のクリスタルに再度触れる
  13. 六つ目のクリスタルに触れる
  14. 各セピス200個と水のセピス2000個回収
  15. 六つ目のクリスタルに再度触れる
  16. アセラスの薬・改回収
  17. 七つ目のクリスタルに触れる

この手順ですべての宝箱を回収しつつ、ボスエリアまで到着できる。

ボス 回復装置の奥で『血染めのシャーリィ』とお供の『グレンデル』戦。お供のアナライズ忘れに注意。

シャーリィが即死付与、グレンデルが気絶付与攻撃を使用するが、相手は共に物理攻撃しか持たないため、回避役を使った囮作戦が有効。不意の状態異常での崩壊を防ぐため、アクアミラージュは必ず維持しておくこと。

囮が攻撃を引き付けている間にティオはゼロフィールドを使用してSクラフトに備えておこう。シャーリィに対してステータス低下のデバフが効かないため、無敵で凌ぐのが手っ取り早い。

色の領域の宝箱

EPチャージⅢ入り口から分岐を左・下と進んだ先。
凍結の刃2入り口から分岐を右・右と進んだ先。
ポラリスドレス二つ目のクリスタルから左下へ進んだ先。
宝箱開封時グラフラッシャー3体、タイラント5体出現。
サイレンスブルー三つ目のクリスタルの下、黒い橋を渡った先。
EPチャージⅢ四つ目のクリスタル下の先橋を渡った先。
ティア・オルの薬五つ目のクリスタルから白い橋を二つ渡って右手側。
霊剣・莫邪
五つ目のクリスタルから白い橋を三つ渡った先。
宝箱開封時グラフラッシャー3体、タイラント5体出現。
各セピス200個六つ目のクリスタルの下。
水のセピス2000個六つ目のクリスタル左側、白い橋を渡った先。
アセラスの薬・改七つ目のクリスタル左側。

色の領域の戦闘手帳情報

グラフラッシャー暗闇攻撃持ち。
タイラント
ブレードクーガー
グレンデル血染めのシャーリィのお供として出現。
血染めのシャーリィボス 色の領域最奥で戦闘。

封印を解いて神域2へ

二つの領域最奥でボスを撃破すると封印が解かれ神域2へと進むことが出来るようになる。

二つの領域で宝箱を全て開けると、
色の領域の宝箱を全て開けると、宝箱開封率は87.5%となる。

碧の大樹の攻略 中盤

碧の大樹・神域2

重要 神域1と同名魔獣が出現するものの戦闘手帳に記録される枠は別枠となっているため要注意。

ボス 神域2・エリア4を進みスロープを登った先で『ゴルトキマイラ』戦。
神域1よりも若干ステータスは上昇しているものの、ここでもお供のアンシエントシナプスのアーツのほうが余程驚異。
ここでもお供は散開しているのでコンビクラフトを右翼・左翼それぞれに打ってまずはゴルトキマイラ一体の状況へと持ち込んでから戦うこと。

ゴルトキマイラ戦後の通路の魔法陣はエレベーターとなっており、ショートカットが開通する。体力やEPが少なくなっていたら一度メルカバで回復しよう。

碧の大樹・神域2の宝箱を全て開けると、この時点での宝箱開封率は90.8%となる。

碧の大樹・神域2の宝箱

ユピテルトゥースエリア1、最初の分岐を直進した先。
宝箱開封時、ヘカトンケイル2体、アンシエントシナプス6体出現。
EPチャージⅢエリア1、二つ目の分岐を左に進んだ先。
アークケルテエリア1、進行ルート道中広間。
宝箱開封時、ヘカトンケイル2体、アンシエントシナプス6体出現。
白耀珠エリア3、一つ目の分岐を右上へ進んだ先。
宝箱開封時、ヘカトンケイル2体、アンシエントシナプス6体出現。
時・空・幻のセピス500個エリア3、二つ目の分岐を下へ進んだ先。
EPチャージⅢエリア4、入ってすぐ左側。
アポカリプスエリア4、進行ルート道中、橋を渡って左手奥。
宝箱開封時、ヘカトンケイル2体、アンシエントシナプス6体出現。

碧の大樹・神域2の戦闘手帳情報

ゼロ・ソーサラー強力なアーツ使用。
ヘカトンケイル
ヴァースサラマンド
アンシエントシナプス強力なアーツ使用。
アナザーワンHPEPCPを0にする自爆クラフト使用。
ゴルトキマイラボス 神域2エリア4に出現。

業の領域

道中吹き上がる炎に触れるとダメージを受ける。

道中一つ目の三叉路はまず上と下の道へ進み奥のクリスタルに触れておくこと。これで大岩を破壊できるようになる。

道中出現するウィードクーガーは下手な手配魔獣よりも高いステータスを持っているため一度アナライズした後は余計な消耗を抑えるためにもスルー推奨。

業の領域の宝箱を全て開けると、この時点での宝箱開封率は93.8%となる。

ボス 回復装置の奥で『戦鬼シグムント』とお供の『インフェルノドミナ』戦。お供のアナライズ忘れに注意。

お供のインフェルノドミナが全体攻撃とマグナブレイズを頻繁に使用するせいで、シグムントのSクラフト対策のゼロフィールドを解除されてしまう恐れがある。インフェルノドミナはアーツ攻撃しか使用しないため、囮役のキャラにはアダマスガードをかけておくこと。
出来れば戦闘開始前にバーストゲージを最大まで溜めておいて、開幕アラウンドノア等の全体攻撃で片付けておきたい。

唐突にオーガクライでCPを最大にしてからのSクラフトを使用するため、アダマスガード及びゼロフィールドは切らさないように戦いたい。
幸いにも範囲はそこまで広くはないため、散開しておけば全滅は防ぐことが出来る。

シグムントの防御性能は高く、アーツ主体で戦うことになる。囮役で攻撃を引き付け、他のメンバーはフォルトゥナやアダマスガードで補助しつつ、遠距離から強力なアーツを使ってダメージを与えていこう。

業の領域の宝箱

アセラスの薬・改一つ目の三叉路の次の分岐を右方向へと進んだ先。
火のセピス2000個一つ目の大岩の先の分岐を下方向へと進んだ先。
炎傷の刃2二つ目の三叉路を右へと進んだ先。
アイギスガード二つ目の三叉路を中央へ進み三つ目のクリスタルに触れた後に、三叉路を左へ進んだ先。
宝箱開封時、火炎蟲4体、ピットフィーンド4体と戦闘。
EPチャージⅢ三つ目のクリスタルの次の分岐を右へと進んだ先。
パシオンルージュ三つ目の三叉路を上へと進んだ先。
カタストロフィ三つ目の三叉路を下へと進んだ先。
宝箱開封時、ボンボン4体、ピットフィーンド4体と戦闘。
ティア・オルの薬進行ルート道中、南側崖近く。

業の領域の戦闘手帳情報

火炎蟲炎傷攻撃持ち。
ボンボン混乱攻撃持ち。
ピットフィーンド
ウィードクーガー高ステータス。
インフェルノドミナ戦鬼シグムントのお供として出現。
戦鬼シグムントボス 業の領域最奥で戦闘。

碧の大樹の攻略・後半

碧の大樹・神域3

碧の大樹・神域3の宝箱を全て開けた時点で、宝箱開封時率は96.1%となる。

ボス これまでと同じく神域の最後でゴルトキマイラ戦。例によってアナライズは忘れずに。
今回のお供は魔塊プリムフォボスのため、それ程癖が無い相手のため一番楽に勝つことが出来るはず。
戦い方はこれまでと同様に、コンビクラフトでお供を撃破してからゴルトキマイラを倒そう。

碧の大樹・神域3の宝箱

アマデウスヒールエリア1、分岐を上方向へ進んだ先。
宝箱開封時、魔塊プリムフォボス4体、アナザーワン4体出現。
EPチャージⅢ進行ルート道中、北側。
時・空・幻のセピス500個エリア2、分岐を直進。
明王鈴エリア2、分岐を下り坂へと進んだ先。
宝箱開封時、魔塊プリムフォボス4体、アナザーワン4体出現。
土壇場パペットエリア3、分岐を下へと進んだ先。
アセラスの薬・改エリア4、分岐を下り坂へと進んだ先。

碧の大樹・神域3の戦闘手帳情報

ゼロ・クロッカー
レグナ・ヴリエル
アヴァドンバニッシュ攻撃持ち。
魔塊プリムフォボスCP吸収・遅延攻撃持ち。
オーグガルファス暗闇攻撃持ち。
アナザーワンHPEPCPを0にする自爆クラフト使用。
ゴルトキマイラボス 神域3エリア4に出現。

戒の領域

銀色・金色・黒色の檻状の扉は、このエリアの魔獣入り宝箱に入ってる対応した鍵で開くことが可能。

あまり起こり得ないことでは有るが道中計三箇所にあるレバーは見かけた順に操作していくこと。順番を間違えてしまうと、ボスのエリアへ進むことが出来ない。

刻耀珠を回収すれば全てのクオーツが揃いトロフィー『クオーツコレクター』を獲得。
このタイミングで各属性の最強攻撃アーツを使えるようにクオーツをセットしてトロフィー『七耀の賢士』を獲得。一人で使えるようにする必要はないため、一人一属性でクオーツを嵌めていくのが楽か。
各属性のマスタークオーツがそれぞれレベル5であれば、各人に装備させトロフィー『至境の珠』を獲得。もし、まだレベル5未満の属性があれば、そのマスタークオーツをメインメンバーに装備、二周目クリアまでにレベルを育て上げよう。

黒耀石の鍵の入っている宝箱が最後の宝箱となり、ここで宝箱開封率が100%に。開封時の戦闘後にトロフィー『トレジャーハンター』を獲得。

ボス 回復装置の奥で『風の剣聖アリオス』と、お供の『ゼロ・ソーサラー』、『ゼロ・クロッカー』戦。

Sクラフトが全体攻撃になっているため、ゼロフィールドアダマスガードは常に維持しておくこと。無敵を剥がされてしまうためお供の二体を先に倒しておきたいが、どちらも弱点属性が異なるため一掃することが難しい。
アーツ攻撃はアリオスにも有効なため、時・幻属性の最上級アーツは使用できるようにしておきたい。

鏡の城と同じくロイドを囮役にしてアリオスを引き付けておくだけでも大分戦闘が楽になる。その間に他のメンバーでお供に集中攻撃をしていこう。
アリオスのクラフトの範囲は非常に広いため、きっちり散開しないと巻き添えを食らってしまう点に注意。

攻撃を引き付けつつ、他のお供を倒したら後は一方的に攻撃するチャンス。囮役のアクアミラージュと無敵を切らさないようにしながら強力なアーツをどんどん使っていこう。

戒の領域の宝箱

銀耀石の鍵一つ目の分岐を右方向。
宝箱開封時テイタニアA5体、アストラルドミナ3体出現。
風のセピス2000個二つ目の分岐エリア。
睡眠の刃2進行ルート右手側。
金耀石の鍵一つ目のレバーの先の分岐右側。
宝箱開封時テイタニアA5体、アストラルドミナ3体出現。
刻耀珠下り階段後の分岐を下へと進んだ先。
宝箱開封時パズス6体出現。
エヴァーグリーン金色の扉の先、進行ルート道中北東方向。
ミョルニール上記宝箱の先の分岐を左へ進んだ先。
宝箱開封時パズス6体出現。
黒耀石の鍵進行ルート道中、北東方向。
宝箱開封時テイタニアA5体、アストラルドミナ3体出現。

戒の領域の戦闘手帳情報

パズス
テイタニアAアーツ使用。
ゼロ・ナイト
アストラルドミナアーツ使用。
ゼロ・ソーサラー風の剣聖アリオスのお供として出現。
ゼロ・クロッカー風の剣聖アリオスのお供として出現。
風の剣聖アリオスボス 戒の領域最奥で戦闘。

碧の大樹 最果て

結界の先、エレベーターに乗って最果てへの道へ。
ラスボス戦は計三連戦となる。お供も出現するためアナライズ忘れには注意すること。

マリアベル&マイン・ガダ戦

ボス 回復装置から真っ直ぐ進むとイベント後『マリアベル』とお供の『マイン・ガダ』戦。
勝利後CPを含め全回復するため、全力で戦って構わない。

お供はマリアベルによって何度も召喚されるが、放っておくと遠距離からこちらの攻撃力を下げられてしまう。
どんどん召喚されてしまうため、全体攻撃が出来るアーツの準備をしておくこと。

フィールドが特殊な形状をしており、マリアベルの行動によっては四隅に転移させられてしまう。無駄に動くよりは役割を決めて、補助・アーツ担当のメンバーは位置を変えずにひたすらアーツ駆動を続けること。

相手のステータスはそれほど高くなく、Sクラフトの威力もバフ無しで耐えられるレベルだが、とにかく高SPDと取り巻きの行動によってじわじわ削られていく。
全体攻撃アーツ要員は、予め召喚されることを予想して常にアーツを使い続けよう。

碧のデミウルゴス&イデアグルウム戦

ボス 二戦目は『碧のデミウルゴス』とお供の『イデアグルウム』戦。
イデアグルウムは無敵2回、アーツ反射が2回付与されている状態で現れるため、撃破までアーツ使用は厳禁。

お供のイデアグルウムは体力が少なくなると螺旋昇華を使用するとフィールドから消滅するためすぐにアナライズしておこう。
螺旋昇華を使用されると、デミウルゴス撃破時に使用された回数x25%分のHPを回復され、なおかつ再びイデアグルウムが再召喚される。
再召喚されたときには体力が全回復した挙げ句無敵&反射も復活するため、無敵を剥がしたらコンビクラフト等で一気に倒し切ること。

碧のデミウルゴス&プリンシパリティ戦

ボス イデアグルウムを殲滅した状態で碧のデミウルゴスを倒すとその場で復活、お供にプリンシパリティを召喚してそのまま最終戦へと突入。
この時の碧のデミウルゴスは二戦目とは別枠のため再度アナライズすること。

お供はこちらの体力が低い味方を集中して攻撃してくるため早めに撃破しておきたい。体力が減ってくると自身に無敵を付与するため、ある程度削ったらコンビクラフト等で一気に倒し切ること。
なお全滅させてしまうと再度四体召喚されてしまうため、常に一体は残しておきたい。

こちらがアーツを駆動すると、それに対応してダメージ0の封魔付与&駆動解除技を使用する。これを利用して封魔無効装備をさせたキャラにひたすらアーツを使わせると、相手の行動を縛ることが可能。

一定ダメージを与えると割り込み反撃でバニッシュさせられる。受けてしまうと一定時間戦線を離脱させられた挙げ句EPも0になるため、至急回復すること。

相手の体力が残り僅かになると駆動後に確定全滅する大技を使用する。このタイミングでバーストを発動し一気にトドメを刺したい。

碧の大樹 最果ての戦闘手帳情報

マイン・ガダラスボス戦一戦目
マリアベルラスボス戦一戦目
プリンシパリティラスボス戦三戦目
イデアグルウムラスボス戦二戦目
《碧のデミウルゴス》ラスボス戦二戦目
《碧のデミウルゴス》ラスボス戦三戦目

エンディング・二周目へ

ラスボス戦終了後、エンディングへ。

重要 なおこの段階ではまだ戦闘手帳はコンプリート出来ない。二周目終章まで進む必要があるため、取り逃している訳ではないので安心しよう。

二周目はナイトメアでプレイし残ったトロフィーを回収していく。引き継ぎに必要なポイントは必要分手に入っているため、EXTRAメニューから全ての要素を引き継いだ状態で二周目をプレイすること。

コメント

タイトルとURLをコピーしました