ラストオリジン(LAST ORIGIN)第5区域&5-8アンダーウォッチャー攻略

ラストオリジン(LAST ORIGIN) ラストオリジン

はじめに

ラストオリジンLAST ORIGIN)のメインステージ第5区域が2020年6月3日のアップデートにて日本語版にも追加された。

第4区域から一回りも二回りも難しくなっている第5区域だが、特に厄介なステージが、ボス『アンダーウォッチャー』の待ち構える5-8だろう。

本記事では5-8の攻略方法、そして自動周回に必要な構成を併せて紹介している。

結論から言うとまだ第5区域は周回しなくても良い

もし特殊製造でT-60 プルガサリを一定数入手しているのであれば自動周回用編成を組むことも出来る。但し手持ちに居ない場合には無理して製造を狙う必要はない

見出しの通りだが、資源探索の関係で第5区域は5-8まで一度はクリアしておきたいものの、おそらく現時点では他のステージのSランクユニット、SSランクユニットを掘り終わっている人は居ないはず。
特定メンバーでないと安定自動周回の敷居が高いため、わざわざ特殊建造を狙うよりは回れるステージで高ランクキャラを掘っていこう。

プルガサリは今後追加される5-3ex(周回難易度は非常に高い)、もしくはイベント戦闘区域(こちらがオススメ)にて入手可能なため、建造で入手を狙うよりかはこちらを狙っていくこと。また、デイリー任務分の製造を特殊製造初期値で行うと比較的プルガサリが入手しやすので、毎日の日課の中で集めていくぐらいで良い。

5-1~5-7までは特に難しいところはなし

まず大前提として4-4exが安定して周回できるようになるまでペロを育てておくことが最優先。もしまだ4-8や4-4exが安定しないようなら、

  • ペロのレベリング
  • 回避餌を集める
  • ペロのコアリンク

等を繰り返してフルリンクした回避極ペロを育てておくこと。

第5区域は敵の能力や命中は上がっているものの、5-1から5-7まではペロを戦闘にした編成で問題なく周ることが出来る。
再びトリックスターが出現する5-4が最初の鬼門になるが、3-8でペロ入手周回で使ったミホケルベロス+ペロ編成であれば、大破するキャラクターが出るもののクリアは出来るはず。

5-8 アンダーウォッチャー戦の攻略

5-8まで辿り着いたら、いよいよ強敵アンダーウォッチャー戦となる。ギミック持ちのボスのため、自動周回には前述したように大掛かりな準備が必要。まずは資源探索のために1回手動クリアを目指していこう。

アンダーウォッチャー戦の正攻法編成と攻略

ドロップバイオロイドオンリー5-8攻略編成

まずは手動クリアを目指す際の正攻法編成についてを解説する。この編成例は5-8までのドロップ入手が可能なため、どんな人でも組むことが出来るはずだ。

ミホフロストサーペントペロ
ココ
ケルベロス
5-8攻略 ドロップバイオロイドオンリー編成

全員レベルは80前後前上げた上で4,5リンクはしておきたい。なおココは防御極振りをしていれば0,1リンクでも問題ない

各パーツやギミックの特性を知っておこう

アンダーウォッチャーはいくつかの部位に分かれており、それぞれが別々に行動をする。特に特徴を抑えておきたいのが、アンダーウォッチャージェネレーターアンダーウォッチャーアームだ。

アンダーウォッチャージェネレーターは他の部位に対してバフを掛ける。こいつが本体にばらまく防御上昇バフが自動周回を困難にさせる要因。
ジェネレーターを倒した瞬間各部位のバフが消えるため、優先目標として攻撃すること。

アンダーウォッチャーアームは最も高い火力を持つ部位。機動型保護機などではいくら保護機と言えども数発で倒されてしまう。このアームの攻撃を凌ぎつつジェネレータを破壊しなければならない。

ドロップオンリー編成攻略手順

上述した様にジェネレーター優先的に破壊していこう。ジェネレーターの次は本体をひたすら攻撃する。下記に記した手順で攻撃を続けていけば、ココの強化次第ではあるものの全員生存したままのクリアも可能。

ココはひたすら自身にスキル2力場展開でバリアを張っていく。保護対象はフロストサーペントを選択すること。しっかりと餌を与えた上でスキルレベル10まで育てていれば、HPが減ることは無いはずだ。

フロストサーペントはスキル1高圧噴射をアンダーウォッチャー本体に使用。高圧噴射は雷属性抵抗が下がるため、ケルベロスの攻撃と相性が良い。スキルレベルにもよるが最低でもダメージが1.5倍程上昇する。

ケルベロスもスキル1スタンロッドでアンダーウォッチャー本体に攻撃。雷属性アタッカーとしての役割が大きいため、もし4-8で共振のアレクサンドラを手に入れているのであれば入れ替えることも出来るがその場合は後列に配置すること。

ペロとミホは射程を活かしてジェネレーターをひたすら攻撃していく。途中ミホが落ちたとしても、ジェネレーターとアームウの破壊が出来ていれば、後は回避・反撃のいつもの調子で撃破が可能だ。

もしこの編成で攻略できない場合にはココの強化と育成を最優先。ココがアームの攻撃をどの程度耐えられるかが攻略にかかっている。

5-8自動周回編成

5-8をオートで回すなら最終的な完成形は以下となる。

ケルベロス
プルガサリ
フロストサーペント
5-8自動周回用編成

装備にもよるが、どのバイオロイドも強化&フルリンクはしておきたいところ。レベル・リンク不足で押し負けてしまう場合には、最後列にアレクサンドラの属性アタッカーや、ビーストハンター等の貫通攻撃持ち、クリティカル100%マジカルもも等のバフ無視攻撃持ちを配置して援護すること。

ジェネレーターの防御バフは物理攻撃に対する防御のため、属性攻撃であればバフを無視して本体にダメージを与えるゴリ押しが可能。

この自動周回編成が完成すれば、SSランクのエミリー、Sランクのネレイドやハチコといった優秀なメンバーが入手できるようになる。


親記事 ラストオリジン(LAST ORIGIN)攻略ガイドへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました