ラストオリジン(LAST ORIGIN)2-8攻略までの初心者ガイド

ラストオリジン(LAST ORIGIN) ラストオリジン

はじめに

5月19日に日本語版の配信が始まったラストオリジンLAST ORIGIN)。日本語版は本国版の初期バージョンと同システムのため、以前からプレイしている人はこれまでの知識が武器になるので序盤はかなり楽なはずだ。

当時を懐かしみつつ、日本語版の情報を調べていたら、『最強リセマラランキング』等という頭の痛くなるような記事が出てきたため、騙される初心者が出ないようにこの初心者ガイドを用意した。

ゲームを始める前に覚えておきたいこと

【最重要】リセマラは不要!!

いちばん大事なポイント、それはリセマラは不要ということ。
リセマラよりも出来るだけ早く始めることが大事ということを覚えておこう。

基本的にキャラクターはステージドロップで集めることが可能で、リセマラに費やす時間はそれらのステージ攻略に使うキャラの育成に充てた方が遥かに効率的。初期実装の中でも当たりと言われたり、持っていない人に対してキャラ煽りとしても使われていたブラックリリスもドロップが設定されている安心仕様。
特にこれから始まるであろうイベントのドロップ内容は通常ステージよりも良く、一分一秒でもイベントに向けてキャラクターを育成していきたい。

ステージを周回するために必要になる各資源時間経過で回復メンテナンスのお詫びとして大量に配られるため、リセマラという無駄なことをしているとこれをみすみす逃すことになってしまう。

出来る限りエミュレーターの準備を

本記事を見に来る方はどちらかというとスマホユーザーの方が多いはず。もしPCを持っているのであれば、BlueStacks等のAndoroidエミュレーターを導入することをオススメする。

というのもこのラストオリジンというゲームはプレイ時間の大半を自動周回に任せる盆栽ゲーとなっているため、スマートフォン等の端末の発熱でバッテリーの寿命が縮んでしまう可能性が高い。

googleアカウントやtwitterアカウントと紐付けておけば、どの端末からも同じデータにアクセスすることが出来るので安心だ。

ゲームを初めてから自動周回解放まで

前置きが長くなってしまったが、ここから実際のゲーム内容の初心者ガイドをまとめていく。まずは物語を読み進めてチュートリアルを終わらせてしまおう。

1-1~潜水艦入手まで

基本的にはゲーム内の指示に従っていけば問題ない。

ここで覚えておきたいことは保護機の役割ぐらいか。所謂タンク役を務める保護機は盾のマークが目印だ。基本的には前衛・他の攻撃機や支援機の前に配置して、壁役として活躍することになる。
1-2クリアで仲間なるLRLは斧こそ持っているが扱いは支援機。決して最前線に配置するのではなく、後衛に配置してあげよう。

1-2をクリアすると、ストーリー上で潜水艦を獲得、メインメニューが開放される。

【最優先】研究を進めて指揮代行システムを解禁

メインメニューが開放されたら、まずは研究から進めていくこと。
最優先で艦内基盤施設及び指揮代行システムを目指して研究していこう。

指揮代行システム研究メニュー
指揮代行システム研究メニュー

足りない研究用の素材は、ストーリーを進めていく過程で入手可能(もしくは不要なBランク戦闘員の分解)で、素材集めの過程で研究必要条件も満たせるようになるはずだ。

指揮代行システムの研究が終わると、クリア済みステージを完全オートかつ繰り返し自動周回が出来るようになる。後は放置するだけ資源の許す限りレベリングとキャラクター堀りが可能となる。

2-8クリアまで

ミホ艦隊の作成

自動周回が開放されたら、次はメインメニュー下部のメールボタンからプレゼントを受け取ろう。その中には一体のキャラクターも含まれている筈だ。
このプレゼントとして送られてきたミホがこれから初心者のお供として大活躍してくれる。

ミホ画像
国内版で配布されるミホ。ニュービーのお供。

プレゼントを全て受け取ると、ミホと一緒に経験値が100,000も増加する本が手に入るはず。各種アイテムはメインメニュー『基地』→プレゼントからアイテムを選択→画面下部のSDキャラを選択という手順で渡すことが出来る。
SDキャラは編成に入れているキャラが表示されるので、ミホを編成1に入れて持っている経験値本をミホに全部注ぎ込もう。これでレベル45のミホが完成するはずだ。

さて、ここでミホのステータスを見てみると『保護機の攻撃を支援する』と言った内容のパッシブスキルを持っているのが分かるはずだ。

ミホパッシブ 前衛支援
ミホのパッシブスキル 前衛支援

これは『ミホの前に置いた保護機が攻撃をする度に、ミホが同じ対象に追加攻撃をする』というもの。
つまり同一ラウンドに保護機Aの攻撃→ミホの追加攻撃→保護機Bの攻撃→ミホの追加攻撃→ミホの通常攻撃…と複数回攻撃が出来るようになる組み合わせを作ることが出来る。

序盤はミホ・ノーム・ヨアンナを一列に並べるだけで、2-8クリアまでな容易に進むことが出来るようになる。即ち2-8までのエリアであれば、好きなところを周回、キャラクター堀りが出来るようになる。

3-1以降の進め方

2-8クリアまでなら上記ミホ艦隊を組むだけで問題なく攻略が可能。それ以降も基本的な流れとしては詰まる→クリア可能なステージを自動周回…の繰り返しで突破が可能だ。(4-8ぐらいまではレベル差による暴力で進行可能)

キャラクターを強化しよう

攻略に詰まったらレベル上げとして並行してキャラクターを強化しよう。

やり直しは効くものの独特な育成システムとなっているため、誤って器用貧乏キャラを作ってしまわないようにしっかりとシステムの仕組みは知っておこう。

キャラクターをコアリンクしよう

コアリンクという限界突破システムを利用して攻撃力とHP、そして獲得経験値の底上げが可能だ。デメリットもあるため、コアリンクを実行する前にシステムの予習をしておこう。

キャラクターを集めよう

キャラクター(戦闘員)の種類が増えれば増えるだけ多彩な戦法・組み合わせにより攻略の幅が広がっていく。ミホ編成を軸にして各ステージを回りキャラクターを集めていこう。

序盤は2-5等で拾うことが出来るケルベロスがおすすめだ。ミホとのシナジー効果を持った強力な保護機であるため、手に入り次第ヨアンナと入れ替えていこう。

なおキャラクター集めの際に戦闘員製作(要は建造)はオススメしない。製作はあくまでデイリー分の3回/1日に留めておき、ステージドロップでキャラクターを集めよう。

強化が進んだら第3区域へ

主要メンバーの強化やコアリンクが進んだら第3区域の攻略へと取り掛かろう。急に敵の火力も上がるため、育成やレベリングを怠けていると途中で何度も躓いてしまう。

しかし最終的に3-8が安定周回できるように慣れば、強力な周回要員であるペロのドロップを狙うことが出来るようになる。


親記事 ラストオリジン(LAST ORIGIN)攻略ガイドへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました