ファイナルファンタジー7 リメイク このマテリアは集めておけ&育てておけ!独立マテリア版

ファイナルファンタジー7リメイク

はじめに

ファイナルファンタジー7 リメイク(FF7R)において最もトロフィー獲得の関門となるのが難易度HARDでの全チャプターの攻略だろう。

このゲームではレベル50が限界のため、高難易度の攻略はレベル上げによる育成では押し切ることが出来ない。
そのため武器やアクセサリを集めての準備が必要になるが、中でも最も重要なのがマテリアだ。

本ページでは一周目の攻略の際に必ず集めておきたい、そしてAPを稼いでおきたい独立マテリア(紫マテリア)についてを解説していく。

最優先で育てておきたい独立マテリア

独立マテリアはマテリア穴に単独でセットするだけで様々なメリット効果を自動で発揮してくれるというもの。
基本的にはどれもメリット効果しかないため、マテリアのスロット数上限に頭を抱えることも多いはず。

コマンドマテリアと並び、HARD攻略のお供になってくれる強力なものが多いため、もし使うマテリアに迷ったら、以下に紹介する独立マテリアを優先して装備・育成していこう。

HPアップ・MPアップ

回収優先度:★★☆☆☆ 2点
育成優先度:★★★★★ 5点

HPアップマテリアとMPアップマテリアはその名前の通り装備者の最大HP・MPを一定割合で増強する効果を持つ独立マテリア。
最大育成で50%増加し、合計100%までは効果が重複する。

結論から言うとHARDの攻略の際に最も重要な独立マテリアがこの二種類だ。

難易度HARDではアイテムが使用不可かつ、ベンチでMPが回復しないため、常にMPの管理に頭を悩ませることになる。
HPが増えればコマンドマテリア『チャクラ』をより効果的に使ってノーコストでHPを回復できるし、MPが増えれば多少のMP消費が気にならなくなる。

どちらのマテリアもミッドガルの様々な場所で拾える他、ショップからも購入が出来るため取り逃すことはまずないだろう。
最低でも各キャラクターに二つずつ、それぞれ6個のHPアップ・MPアップのマテリアを準備しておこう。
初回プレイの際にはギルが足りないことも多いため、購入するのは余裕が出てからで大丈夫だ。

マジカル

回収優先度:★★★★★ 5点
育成優先度:★★★☆☆ 3点

マジカルアップマテリアは装備者の魔力を最大で25%のアップ効果を持つ独立マテリア。効果は重複、最大で二個入手できるため、最高で50%まで増加させることができる。

魔力は攻撃・回復魔法の威力だけでなく、いのりによる回復量にも影響する。そのため、もともと魔力が高いエアリスに二つ装備させたうえで『いのり』を使うと全員のHPを5,000前後も回復させることが出来るようになる。

入手方法は限られており、

  • チャプター8、伍番魔晄炉の廃棄室内
  • チャプター14、懸垂ミニゲーム中級の景品

の二種類のみ。
どちらもトロフィーに関わるイベントのため、トロコンを目指す攻略過程で入手できる。

せんせいこうげき

回収優先度:★★★☆☆ 3点
育成優先度:★★★★★ 5点

せんせいこうげきマテリアは、最初から一定数のATBゲージが溜まった状態で戦闘を始めることが出来る機能を持つ独立マテリア。
集団で襲ってくる雑魚敵やボスのお供を開幕のアビリティや範囲化魔法で落とす際に使用したり、開幕いのりで全員のHPを回復したり、様々な場面で活用できる。

一つあれば事足りる場面も多いが、逆に一つも育てていないとかなりキツい場面が初回攻略から出てくるため、最低でも一つは常に装備しておこう。

チャドリーのバトルレポート『バースト現象の解析No.1』クリアで購入できるようになるため、早い段階からの入手が可能だ。

ガードきょうか

回収優先度:★★☆☆☆ 2点
育成優先度:★★★★☆ 4点

ガードきょうかマテリアは、ガード時のダメージ軽減率上昇とガード時ATBゲージ増加の二つの機能を持つ独立マテリア。
HARDでは敵の大技を回避、もしくはガードをしっかりとしていく立ち回りを求められるため、ダメージを抑えつつ回復用のATBゲージを貯められるこのマテリアはまさに一石二鳥だ。

カウンター持ちのクラウドはこのマテリアを付けておくだけで、カウンターしながらATBゲージを回収できるようになるためかなり使いやすい。

チャドリーのバトルレポート『モンスターの生態調査No.2』クリア後にチャドリーから購入できるようになる。
1個購入ごとに値段が上がってくるため、全て揃うのはおそらく終盤になるはず。まずは一つだけでも購入して、初回プレイはクラウドに装備させながら育成していこう。


親記事ファイナルファンタジー7 リメイク 攻略メニューへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました